電気通信設備の保守及び運用支援

私たちはKDDIが提供するau携帯通信サービスやUQコミュニケーションズのWiMAX通信サービスのインフラとなる移動体通信基地局(無線機やアンテナ等)の保守業務を足元から支えています。

通信ネットワークの保守・運用支援業務

  • 通信ネットワークの保守・運用支援業務
  • 通信ネットワークの保守・運用支援業務
  • 通信ネットワークの保守・運用支援業務

KDDIやUQコミュニケーションズが提供する移動体通信サービスをいつでもお客様に満足してご利用して頂くため、日本全国に設置された移動体通信基地局設備の保守業務を行っています。

au携帯通信やWiMAX通信を提供している基地局の無線機、アンテナ、付帯設備等の性能・機能維持のための日常点検、異常や故障が発生した時の迅速なサービス復旧措置(修理や予備設備への切り替え等)を行っています。

これらの基地局保守業務はKDDIの集中監視センターや地方センターと相互に協力・支援しながらKDDIグループ一丸となって通信サービスの早期復旧や品質の維持・向上を実現しています。
(MOC:モバイルオペレーションセンター、TC:テクニカルセンター)

いつでも繋がる携帯電話

いつでも繋がる携帯電話

通信サービスの故障発生時は、KDDIの集中監視センターと保守センター(KEMC)の連携により、通信設備等の故障状況の把握、切替え、試験、コントロール等を行い迅速なサービス復旧措置に努めています。
(KEMC:KDDIエンジニアリング メンテナンス センター)

基地局の正常性管理

基地局の正常性管理

常に安定な通信サービスを提供するため定期的な基地局設備の点検作業の他、無線設備の「登録点検事業者制度」にもとづく「点検事業者」としての登録により、KDDIが無線局免許人となっている移動体基地局を始めとする全国の通信事業用無線局の無線局登録点検事業を行っています。

車載型無線基地局の開発・保守

KDDIとの連携により、災害時や花火大会等のイベントによりau携帯電話サービスの途絶回避やトラヒックの急増に対処することを目的に、「車載型無線基地局」の開発(設計・施工・機能試験)・保守を行っています。

安心を繋ぐ

安心を繋ぐ

東日本大震災や台風による豪雨災害など、被災地域のau携帯電話サービスをいち早く復旧させるため、車載型無線基地局や電源車を出動させ、24時間体制で被災地のお客様に「安心」を届けています。

Copyright (C) 2005- KDDIエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.